アプロスシャンプーの祈願を住吉神社で行いました



創業以来初めての素晴らしい経験をスタッフ一同で致しました。

シーノ・オフィスと博多玄海社のコラボレーション新商品、
アプロスシャンプーの祈願を住吉神社で行いました。

原料のことやコンセプト、ネーミング、ロゴマーク、
パッケージボトルとデザイン、香りなどが決まるのに
約8ヶ月掛かりました。

そんな思いを込めて井上社長と記念撮影です。

シーノ・ドルチェジャパンでは、自然のオーガニック商品として
ロゴマークはグリーンにしました。

最近は、シーノ・オフィスに商品開発のお話を頂くことが
少しずつですが増えてきた様です。
日々スタッフたちと、やるべきことをただ地味にコツコツと
やっているうちに、気が付いたら「新たな道」が見えてきたというのが
いまの現状です。 

会社と言うのは、理想の目標や高い志とは別に、まるで生きているかの
ように日々細胞分裂によって成長し、その時の「かたち」になっていくのだと
感じています。
「会社は生物なのだと思います」

経営的に、それが正しいのか間違っているのかはよくわかりませんが・・・
こんな会社が1つくらいあっても、おもしろいのではと最近感じています。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ