シーノ・オフィスの出版・制作事業が広告掲載されました。


シーノ・オフィスの出版・制作事業「PROM TIMES」の広告が
福岡商工会議所の広報誌に掲載されました。

企業の歩みを、一冊の「誕生物語」にしたい方は、ぜひご相談ください。
● 後継者へ伝えたいことがある方
● 企業のあゆみを足跡にしたい方
● 会社のPR本として作りたい方
● 先人の歴史として刻みたい方
● 出版をして販売を考えている方

一冊の本を作るだけで、きっと人生観まで変わります。
メールでのお問い合わせはこちらのページからご連絡ください。

出版制作・プロデユース事業をスタートしました。



これまでの企画・デザイン制作や広告の経験を活かして
「PROM TIMES(プロム タイムズ)」と言う出版制作とプロデユース事業を
開始致しました。

◆ コンセプトは、「誕生物語」です。

人、モノ、企業、地域、社会など全ての誕生を物語にして、
それらを後世に残すべく貴重な逸冊を手掛けたいと思っています。

ちなみに、「PROM TIMES(プロム タイムズ)」とは、
時を舞うステージの意味。
1冊の本から、過去や未来が輝くきっかけになれば、
それほど素敵なお仕事はないと思っています。

もしも、ご興味のある方はいつでもご連絡くださいませ!!
TEL 03-6894-7477
E-mail info@cno-office.com
フェイスブックページはこちらです。

ダイレクトマーケティング学会にて研究論文を発表させて頂きました。

 
5月16日、ダイレクトマーケティング学会の全国大会が行われ、
これまで約五年間の研究論文として、上智大学にて発表をさせて頂きました。

研究内容は、企業と顧客を繋ぐコミュニケーションペーパーについてです。

今回、発表者の中で女性は私ひとりでしたが、緊張しつつも、今までにない
良き体験となりました。

また今回、資料作りのために、ご協力を頂いた企業様方にも、
この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。
ご協力頂き、本当にありがとうございました。

研究は、これからも「コミュニケーション」をテーマとして、
様々なチャレンジを重ねながら地道に続けて参りたいと思います!

アナログとデジタルの狭間



いまのノートパソコンの「Enter」キーを強く打ち過ぎて、すっ飛んでからもう3年が経ちます。
そして、その上に、キーボードをのせて打ち続けた日々。
ただ最近どうも安定せず・・・
竹内ゴンゾーに段ボールで台を作ってもらいました。

さすがにデザイナーが作る工作は、「美しく」しかも「強ーい」。

パソコンの「Enter」キーが飛んで「手作り台」を考えるのは40代ならでわの発想かもしれません。

私たちは、これからも「アナログ」と「デジタル」の狭間をくぐり抜けていくことでしょう。

そして、これからはもっと「Enter」をやさしく打つべきでしょうね。。。


コミュニケーションプランナーと言う仕事


本日、8月8日より 
コミュニケーションプランナーの仕事が開始致しました。

プランナーの名前は「春風」(shunpuo)と言います。

「人」「モノ」「コト」をコミュニケーションと言う視点から
時には「編集」、時には「繋げる」と言う仕事です。

これからの時代は、こんなことが大切でもあり、おもしろいのでは
と思っています。

これから、どんな方々と出会うのかとても楽しみです。

「春風」(shunpuo)のフェイスブックページは→ こちらから
 

沖縄の夏はさわやかに眩しい!



今年の夏は、何年ぶりかにリゾートの旅に出て見ました。

沖縄の40年前は、道路は右側通行、通貨はUS$の時代。
私が小学校低学年の頃に「沖縄海洋博覧会」がありました。

それ以降は、80年代に航空会社のキャンペーンで
マリンブルー沖縄のイメージCMをガンガンと流したり、
化粧品メーカーはサンオイルやサマーファンデーションの広告で
沖縄ロケなどが行われたりと、
沖縄はおしゃれな「リゾート アイランド」のイメージが定着。

昔はサーフィンなどのマリンスポーツはよくしたものだったけど
さすがに今では海を眺めるだけ・・・時は流れました。

それでも、さとうきび畑や万座ビーチと戯れてとっても満足な旅になりました。

Let’s!上海の旅



5月に入って久しぶりのプライベート旅行をしました。

仲間4人で、いざ上海へ!
3泊4日の旅だったのでほんとうにゆったりとした
旅になりました。

今回、予想していなかったことが全て英語での会話。
現地では、知り合いの紹介でシンガポール、スリランカ、台湾等
上海で会社を経営している女性たちと合流をしてとにかく刺激的でした。

改めて、英語について、インターナショナルなビジネスについて
考える良い機会となりました。

人は人に学ぶとはこのことです。

ココロもカラダもアタマもリフレッシュすることが
こんなに幸せだと言うことを久しぶりに実感した旅でした。

★2014年2月、東京オフィスを開設しました。

シーノ・オフィスは創業から7年が過ぎました。

これからは、もっとシーノ・オフィス独自のデザインやプランニングに
拘りたいと言う強い想いから、東京オフィスの開設に踏み切りました。
いま以上に、様々な人たちと出会いもっと刺激を受けたいと言うことが
今回の一番の理由です。

1、最初の個人事業の頃に広告の仕事ばかりをしていた時代。
2、クリエーターの仲間たちが支えてくれて色々と挑戦してきた
  デザイン製作の時代。(紙面中心)
3、正社員を採用しはじめて、シーノ・オフィスらしさに拘り続けた
  デザイン製作全般の時代。(紙面、立体、商品)
4、自らの力で、独自の「オリジナル企画」を本気で考え続けた
  企画・デザインの時代。(今でも続いていますが)

どの時代も振り返ってみると、とてもエネルギッシュで、それでいて
楽しい幸せな時代でした。

そして、これからのシーノ・オフィスは・・・
今までの経験を生かして 『心で考えるデザイン』にこだわってみたいと思います。
私が思う『心で考えるデザイン』とは、とてもシンプルなことで、
『人に伝わるデザイン』です。

DM、ロゴマーク、広告、パッケージ、Web、プロダクト等々
「シーノ・オフィスが考えるとどうなるんだろう」
「ぜひ一度一緒に仕事をしてみたい」と思って頂けるような
そんな会社にして行きたいと思っています。

今日は、新生シーノ・オフィスの記念すべき良き節目です。

これからもどうか
    シーノ・オフィスを暖かく見守ってください!


 

「うなぎのせいろ蒸し」で元気付けてます!


今日のお昼は・・・
柳川屋の「うなぎのせいろ蒸し」を出前して、
みんなでモリモリ元気になりました!!

みんな、うなぎの魅力に釘付けです。。。

本年も何卒よろしくお願い致します。



新年明けまして、おめでとうございます。

今年は、縁起のよい金粉を浮かべた「大福茶」で新年の幕開けを祝いました。
「金色」は、見ているだけで思わず「えびす顔」になるものです。

シーノ・オフィスと関わる全て皆様にとって充実した素晴しい年となりますように!!
そして皆様と一緒に気持ちの良い汗をかきながら、実りのあるお仕事が出来れば幸せです。

本年も何卒よろしくお願い致します。


最近の記事
最近のコメント
検索
カテゴリー